【10の秘密】第6話「娘を守れ 悪女が企む3億の罠」感想ネタバレ(主演:向井理)

2020冬のドラマ一覧

主演:向井理
フジテレビ系  (火曜日21時00分~) 

【内容・ネタバレ含む】
【瞳の前で明かされる悲しい真実】
白河圭太(向井理)は、伊達翼(松村北斗)の部屋で10年前の火事について話していた。翼の正体はあの火事で母親を亡くした岩瀬真一郎であった。しかし翼は、母親は火事で亡くなったのではなく火事の起きる前に母を訪ねてきた男に殺されたといい、その男が圭太なのだろうと圭太に襲いかかる。ナイフで刺されそうになった時、圭太は咄嗟に近くにあったペンで翼の足を刺し返して窮地を脱出する。
「君のお母さんが火事で死んだわけではないのなら、俺だって犯人を知りたい!」必死にそう訴えてくる圭太に、翼は圭太は犯人ではないと感じ、当時の事を語り始める。ピアニストだった母親は銀座のクラブでピアノを弾いていた。10年前、誰かから電話があり、急にあの別荘に行くことになったという。そして別荘に男が訪ねてくると母は真一郎(翼)に外で遊んでくるようにいい、真一郎を別荘から遠ざけた。
しばらくすると別荘の方から消防車のサイレン音がして戻ろうとしたが、炎と消防車だらけで別荘に近づくことはできなかった。そして母は遺体で発見された。『外の火事に気づいて階段から落ち、頭を打って逃げ遅れた』警察はそう真一郎に説明した。しかし翼は、捻挫をしてずっと1階にいた怖がりの母がわざわざ階段を上るとは思えなかった。さらに一度別荘に戻ったとき、翼は男と母の言い争う様子を聞いていた。この事を話しても警察は取り合ってくれなかったため、自分で捜すしかなかったという翼。圭太はそれを聞いて「瞳を火事で人を死なせてしまったという負い目から解放したい。一緒にその男を捜そう」と協力を申し出た。

一方、学校帰りの白河瞳(山田杏奈)の前に仙台由貴子(仲間由紀恵)が現れる。由貴子は、瞳とその友達を高級なカフェに連れて行く。よく来るの?と瞳に聞かれた由貴子は「大事な人と会う時はね、いつか瞳も連れてきたいって思ってたの」と豪華なスイーツをご馳走して二人のご機嫌と信頼を稼ぐ。

圭太は自宅のパソコンで10年前の別荘の火事について検索していた。すると関連ワードに『帝東建設』が表示される。その時しつこくインターフォンがなる。やって来たのは石川菜七子(仲里依紗)だった。菜七子は由貴子が瞳を尾行していたことを告げる。そして3億円の存在が由貴子の嘘ではないとわかると言葉を失う。
その時、宇都宮竜二(渡部篤郎)から電話が入る。話があって圭太の家の前に来ているという。「まだ話が終わってない」という菜七子を無理やり追い出して宇都宮を部屋にあげる圭太。宇都宮は「帝東建設の偽装建築を全て社長の指示だったとして、あなたからマスコミに告発してほしい」という。宇都宮は今後の出世に響くため、自分の手を汚したくないようだ。そして見返りに3億円のことは知らなかったことにすることと由貴子の情報を提供するという。そんな予想外の提案をしてくる宇都宮に怪訝な顔をする圭太。宇都宮は社長に切り捨てられそうになったのを受けて、逆に全てを社長のせいにして終わらせようと考えているらしい。
だが圭太は先日宇都宮に「由貴子と比べると一桁小さな人間」と言われた事を根に持っていて、宇都宮からの誘いを断った。立ち去ろうとする宇都宮は、開きっぱなしだったパソコンに一棟の別荘が表示されていることに気づき、「買うんですか?別荘」と尋ねる。「ここはもう古くなっているからもっと新しくて機能性の高い別荘を紹介しますよ」という宇都宮。 昔、帝東建設が関わっていた物件だと知った圭太は「10年前の火事があった日、行ったことがあるのか?」と問うが宇都宮は「火事?何のことだかさっぱり」といって去っていった。
圭太の家の外で菜七子が待っていたことに気づいた宇都宮は菜七子に話しかける。「昔から知っているやつだから放っておけない」という菜七子に宇都宮は「もう関わらないほうがいい」「彼も本当は関わるべきではなかった、なのに中途半端に首を突っ込んだ」「君もこれ以上関わるなら覚悟を決めたほうがいい、今の生活守りたいでしょ?」と意味深に忠告する。

カフェを出た後、由貴子は「大事な話がある」といって友達を帰すと瞳と二人きりになる。瞳に「お父さんは悪い人達と付き合っているみたいなの」と悪口を吹き込みつつ、一つのお願いをする。
早朝、瞳はこっそりと自宅に戻ってくるとキッチン下の収納スペースを探る。だがそこには何も入っておらず、圭太もその侵入に気付いていた。「お母さんに何を吹き込まれた?」と問いかける圭太だったが、瞳はそれに何も答えない。「お母さんは勘違いしている、もう会うな、お母さんのいうことは信じるな」と圭太は説得するが瞳は全く聞く耳を持たない。立ち去ろうとする瞳に、圭太は翼と話した事を伝える。翼(真一郎)は火事で亡くなった女性の息子だった事、しかし女性の死因は火事ではなかったかもしれない事、そして真犯人がいるならば自分は翼と協力して犯人を見つけ出すという事。だが、やはり瞳は何も語らずに家から出ていってしまう。

菜七子が圭太の家にやってきた。「覚悟を決めてきた」「今更知らないふりなんてできない」「人生正しいことだけじゃないことくらいわかっている、お金を返せなんていわないからちゃんと話してほしい」と真剣に話す菜七子。圭太は菜七子を車でとある廃墟に連れてくる。誰も近づかないようなボロボロのビルにお金を隠しているという。すると一人の男が近づいてくる。男は以前、ビルの検査日で賄賂を渡してきた施工会社の水戸だった。このビルに荷物を置かせる代わりにお金を受け取っていたようだ。水戸は来月にはビルが取り壊されることを伝えると去っていった。圭太と菜七子は廃ビルに入っていく。鍵のかかったフロアの中にある鍵のかかったロッカーの中に、鍵のかかったスーツケースがあり、3億円が入っていた。するとそこに由貴子から電話がかかってくる。またも瞳に接触している由貴子は、娘を人質にしながら「3億円の在り処を教えなさい」と脅してくる。瞳を交渉材料にされては降伏するしかないと諦めかける圭太だったが、傍にいた菜七子が勘を働かせて瞳のSNSを観察する。瞳のSNSには高級カフェのケーキも投稿されていた。そしてショッピングする写真が次々にアップされるのを見て、お店の名前や写真に写る背景の建物などから菜七子は二人の現在地を特定する。そして遂に圭太・由貴子・瞳の3人が一堂に会した。
やはり圭太の言う事に聞く耳を持たない瞳に対して、圭太はとうとう「お前を誘拐したのはお母さんなんだ!」と明かす。 そしてあれがお金目的の自作自演の誘拐事件だったと説明する圭太。瞳はそれを信じずに由貴子に違うよねと同意を求めるが、由貴子は圭太の言葉を否定してはくれなかった。それどころか瞳に対して「お母さんって呼ばれるの大嫌い」と本音を暴露する。自分は母性など全くない、子育ても躾も上手くいかなくてうんざりした……そんな言葉を次々と言い放つ由貴子に瞳は言葉を失う。「何でここまで…」と呆れる圭太に由貴子は悪びれる様子もなく「言ったでしょ、後悔するって」「私のお金はどんなことをしても返してもらう」といい放つ。そして由貴子はそのまま瞳を置いて近くの物陰に控えさせていた二本松(遠藤雄弥)を連れて立ち去る。ショックを受けた瞳は「もう誰も信じない」と言って圭太の前から逃げ出してしまった。

翌日、圭太の母・純子(名取裕子)が蕎麦屋いしかわへやってくると、お店でバイトさせてもらっている瞳が無言で黙々とテーブルの一点を拭き続けていた。瞳のただならぬ様子を心配ながら見守る店主・照男(藤原光博)と千秋(山野海)。菜七子が「もう学校に行く時間だよ」と声をかけてもその声が聞こえていないようだ。純子は「瞳!やめなさい!!」「石川さん達困っているでしょう」と厳しくいって瞳を止める。「何があったのかおばあちゃんにはわからないし、無理に聞こうとも思わない。だから帰りましょう」と純子が優しくいうと瞳はたがが外れたように泣きながら純子に抱きつき、純子は瞳を包み込むように抱きしめた。

自宅で圭太は菜七子に「警察に行く!」と話をする。実の娘である瞳をあそこまで傷つけた由貴子を圭太は許すことができなかった。あのお金がある限り瞳に危険が及ぶと考えた圭太の意思は固かった。

その頃、翼は火事があった別荘地の管理事務所を訪れ、当時の資料を一つずつ確認していた。大量にある資料の中でひとつのインタビュー記事に目が留まる。それは宇都宮竜二がこの別荘地について話しているものだった。

圭太は再び3億円を取りに廃ビルに戻る。鍵のかかったロッカーを開けると……そこにあるはずの3億円の入ったスーツケースがなくなっていた…。

【みんなの感想】
30代・男性
【圭太の味方はもう真一郎以外にいない?】 どうやら廃ビルのロッカーから3億円を盗んだのは由貴子であるようですね。 元々あれは圭太の金ではなかったですし、由貴子の金でもありませんが。 なので圭太に起こる筋合いはないかと思いますけど、今の圭太には3億円を持って行かれた悔しさよりも「よくも瞳を傷つけたな」という怒りの方が大きい感じです。 あそこまでスイッチが入ってしまうと圭太はもう最後まで止まらないのではないでしょうか。 つまり今回宣言していたように、由貴子を刑務所にぶち込むまで決して追及の手を緩めないのではないかと思いました。 そのためならば宇都宮とだって本当に手を組むかもしれません。 ただ、その宇都宮も実は10年前に燃えた別荘地の開発に関わっていたような雰囲気が出てきましたので、そこが明らかになると再び圭太の敵に回ってしまいそうです。 そして菜七子もまた信用していいものなのかどうか、今度の展開で不安になってきましたしね。 あの3億円の場所を知っていたのは菜七子くらいですし、圭太が「3億を警察に見せてしまおう」と言った時も微妙な顔をしていました。 菜七子はもしかすると圭太を裏切っているのかもしれません。 瞳との関係も壊れたままですし、味方と言えるのが真一郎くらいしか残らなくなってしまった圭太。 次回でせめて誰が敵で誰が味方なのかを見極めるところまで行けるといいですね。

30代・女性
「真犯人は菜七子なのか?」 金が消えて圭太は犯人は由貴子だと思い込みます。 そして由貴子の情報を持っていると語っていた竜二と仕方がなく組むことにする圭太。 ここから反撃が始まるかに思えますが、圭太は由貴子がアジトとしている隠れ家に行くと捕まってしまうようで、逆に命を狙われるはめになりそうです。 もし由貴子が金を盗んだのであれば圭太とはサッサとおさらばして隠れ家にいるはずがないと思います。 しかしまだ隠れていることを思うと、彼女のてには金が入っておらず、犯人はきっと由貴子ではないのだと考えます。 では誰が犯人なのか? 金が隠してあると知っているのは菜七子で、あとはビルの情報を提供してくれた以前に一緒に仕事をしていた男性も怪しく感じます。 彼も会社を首になり、金には困っているようだったので彼がかなり怪しいのですが、実は菜七子も圭太が金を持っていると知った瞬間目の色を変えていたので彼女も怪しいです。 菜七子には誰にも言っていない内緒があるようで、夜の街にいたり男性を体を密着させていたりと彼女の秘密と金とがリンクしていてもおかしくないかと思いました。 どちらにせよ、竜二と組むことで10年前の火事があった日のことも解決しそうな予感がして、今後もどんな秘密が明らかとなるのか見逃せません。

←5話はこちら   7話はこちら→