【ニッポンノワール-刑事Yの反乱-】第8話「判明!おまえが黒幕か…!」感想ネタバレ(主演:賀来賢人)

主演:賀来賢人
日本テレビ系  (日曜日22時30分~) 

【内容・ネタバレ含む】
【3年A組の刑事、郡司登場。宮城の心に迫る】
ガスマスクの男は、いったい誰なのか。
そして、消えた十億円は、どこに隠されているのか。

清春(賀来賢人)は、身柄を拘束されていた。警察署別館の特別留置所に清春は収監される。
清春は、碓氷政明(大和田伸也)に、問いかける。「俺にも人体実験をしたのか」と。碓氷は「ひとつ言えるのは、君の存在は、君が思っているより、よっぽど、厄介だと言うことだ」と答える。
南武(北村一輝)が、清春に危害が及ばないよう仲間達に順番に清春を見張るよう命じる。
その頃、宮城(細田善彦)は人体実験を受けた事についてショックを受けていた。ひとりデータベースで過去の自分が犯したという事件を検索するもなにもヒットしない。

江國(杉本哲太)は才門が亡くなる数日前に才門(井浦新)に会い、ニッポンノワールのマークは清春の記憶を蘇らすための鍵になっている事を知らされていた。なぜそんなことを知っているのかと問われ、才門はニッポンノワールのメンバーだったという。そして才門の任務は、10億円の回収とこの事件に蓋をすることだったが、清春を助けたことで組織を追われたということだった。内情を知っている俺のことは、組織も本気で消しに来るだろと予測する才門。清春の記憶と薫(広末涼子)が残したUSB、その2つが合わさったときニッポンノワールの本性が浮かび上がるという。そして江國に託した清春への伝言は「俺になんかあったら、清春に伝えてくれ。お前が思いだした記憶はすべて本物だ。がんばれよ。相棒。」

喫茶店・bonnaroでは咲良(夏帆)がニッポンノワールの記事をネットにアップしようとする。咲良は最初、自分が書いたニッポンノワールの記事を出版社へ持ち込んだが、どこも「ニッポンノワール」の名を聞いた途端取り合ってくれなかったという。すると芹奈(佐久間由衣)がネット上で拡散されれば世間も黙っていないだろうしと提案したのだ。
しかし咲良が何度試しても記事をアップすることができない。それならばと芹奈のSNSで試すもだめだった。「ニッポンノワール」や「人格矯正プログラム」という言葉がはじかれるのでは…と話しているところへ宮城がやってくる。
ちょうどよかったと芹奈が宮城に話す。ニッポンノワールという単語を聞いた宮城は吐き気をもよおしてしまう。心配する芹奈に宮城は自分が人体実験を受けた被験者第一号であることを話す。そして子供を殺しておいてなにも罪を償うことなく、記憶を消されていると嘆く。芹奈は「昔の宮城さんとは違うんだよ」というが、宮城は罪を犯したことには変わりないし、そんなことも知らずに偽りの人生を過ごして来ていたと苦しんでいるようだ。

一方、清春は明海(立花恵理)から才門の司法解剖が終わったと報告を受けていた。明海は無意識の内に才門を心の拠り所にしていたことに気づいたという。清春は、それはお互い様だろうと慰めるのであった。
その後、仲間達が入れ替わり立ち替わり清春の元へやってきては自分の不満や愚痴、恋愛の悩みを話す。公安部たちから守る目的を知らない清春。初めは真面目に相手をしていたがついには「ひとりにしてくれ」と匙を投げるのだった。

克喜(田野井健)は実験室のようなどこかわからない場所で椅子に縛り付けられて身動きが取れなくなっていた。そこに眞木(矢本悠馬)がやってきて実験を始めようとしていた。不安そうな克喜に眞木は「これからやるプログラム再実験の成功確率は五分五分。成功したら命が助かる、失敗しても母ちゃんに会える。winwinだな」と煽る。それを別室のモニターで見ていた碓氷の元へ一本の電話が入る。「君からかかってくるとは」という碓氷にボイスチェンジャーの声は「あなたと取引がしたい」といい、克喜の再実験は一旦取りやめられる。

名越(工藤阿須加)が清春の元へDNA鑑定結果を持ってやってくる。清春から依頼されたもので、結果は清春と克喜が親子だ と出ていた。
そこへ突然ガスマスクの男が現れて清春が入れられている留置所の鍵を銃で撃ち壊す。名越と清春ふたりがかりで倒そうとするも全く歯が立たない。ガスマスクの男は清春に克喜があぶないと話す。そして抵抗する清春に無理矢理ニッポンノワールのマークを見せると清春は気絶してしまう。

ひとりで居た宮城のもとに、郡司刑事(椎名桔平)がやってくる。南武から宮城を励ましてくれと頼まれたそうだ。「キャラが変わっちまったな。俺にあわせて、プログラムされてたのかな」という。宮城が本庁へ異動した後、見知らぬ連中がヒアリングにやってきたという。その際「彼のプログラムが…」と口走ったのを怪しいと思い、連中を締め上げて事実を知ったそうだ。「幻滅しますよね」という宮城に「お前の気持ちを理解することはできない。生意気な部下だったが誇りに思っている」「俺とすごした時間は、まぎれもなく真実だ。」と伝える郡司。
郡司の言葉に涙を流し、頭を下げる宮城であった。

目が覚めた清春の元へ宮城がやってくる。清春は宮城に記憶がまた蘇ったこと、早くしないと克喜が危ないことを伝える。

公安部・仁平(相島一之)が碓氷に狙撃手の用意が整ったと報告する。しかし碓氷は「暗殺計画は中止だ」という。そして「我々がほしいのは10億などではなく、金とともに奪われたアレだ」と続ける。

宮城は喫茶店・bonnaroを訪れて咲良に「USBとノートパソコンを渡してほしい。克喜君を助けるのに時間がない」という。怪しむ咲良に芹奈が「宮城さんは信じていいと思う」と後押しし、咲良はUSBとパソコンを宮城に託す。宮城は芹奈に「ようやく自分のやるべきことが分かった」「克喜君を見つけたら過去に自分が犯した事件を何としても見つけ出して自首する」と決意を伝える。そんな宮城に芹奈は「待っている」と想いを伝える。

宮城は清春を留置所から脱走させて一緒に車で逃走する。車内で清春は薫の言葉を思い出す。「パスワードはアルファベットでGARM PHOENIX」清春がパスワードを入力するとファイルが開き、克喜が住原の研修施設にいる事がわかった。施設へ向かう最中、清春は宮城を気遣う。そして宮城は「俺も碓氷警部が好きだった。だからなんとしても克喜君を助けたい」と打ち明ける。「子供を殺した過去への罪滅ぼしか」と皮肉る清春だが、宮城を元気付けるための売り言葉だったようだ。「お前のそういうところが嫌いだ」という宮城に「お前に好かれたら世も末だ」と返す清春。口は悪いがお互いを認めあっているような空気が流れていた。

研修施設に到着し特別捜査班の仲間と合流して施設に乗り込む。居ると思った第一号棟の地下に克喜の姿がない。すると別室でその様子を見ていた眞木が放送で清春を挑発する。あと5分以内に克喜を見つけられなければ殺すという。地下室を飛び出す清春。すると目の前にゾンビの工作員達が現れる。仲間にその場を任せて清春らは先へ急ぐ。1階へ上がるとそこにも工作員達が現れ、名越らにその場を任せる。ふたりになった清春と宮城。清春は2階を宮城は3階を探す。 清春の前に現れる工作員達…。
宮城が克喜を見つけ出して救出するが、そこに眞木が現れて追い詰められる。眞木の銃弾が宮城の足に命中する。宮城は克喜にひとり逃げるように促すが、逃げたら宮城を殺すと眞木が克喜を脅す。克喜は恐怖でその場から動けなくなってしまう。宮城の足を踏みつけて必要以上にいたぶる眞木。すると眞木の肩に銃弾が。眞木が振り返ると清春が拳銃を構えている。眞木は拳銃を克喜に向ける。「お前らにとって克喜は大事な被験者だから撃てるはずがない」という清春に眞木は「上の狙いは克喜ではなく清春だ」という。拳銃を捨てた清春に眞木は、自分が上から命令されたのは清春の怒りの沸点をあげることだと続ける。そして清春を挑発する。一瞬のすきをついて宮城が眞木の拳銃に掴みかかるが、宮城は眞木に撃たれてしまう。怒りが頂点に達した清春は、首筋の血管が浮き上がり、眞木の銃弾を避ける瞬発力を発揮する。そして片手で眞木の顔を掴むとそのまま床に打ちのめした。床が陥没するほどの威力だった。
今にも息の根がとまりそうな宮城は清春に「ニッポンノワールをたおしてくれ。もうだれも悲しむことがないように」と託す。そして「芹奈さんに伝えてくれ。最後に人を好きになれてよかった」と。「自分で言えよ。言い返してみろよ!!」 という清春に「清春、お前のそういうところが、きらいだ」と息をひきとる。

喫茶店・bonnaroに清春がやってくる。いつものように喜一(笹野高史)から手渡されたドリンクを飲もうとして問いかける。「いつから、この中に入れてた。俺の体がおかしくなる薬だよ。あんたが、ニッポンノワールの黒幕なのか」と。

【みんなの感想・次回予想】
30代・男性
清春が眞木を倒したときのとてつもない破壊力に驚きました。そして克喜は清春の血をひくから大人顔負けの力を持っていたのかと納得です。もしかしてガスマスクは清春なのでは。クローンのように清春から造り出されたからこそ碓氷のいう「よっぽど厄介な存在」なのかも…。宮城と克喜が受けた人格矯正実験、清春は能力増幅実験を受けた。碓氷らは国家を守るためゾンビのようにダメージを受けず、清春のような能力を持った兵士を作ろうとしたのではと想像します。
喜一は仮にニッポンノワールの一員だったとしても黒幕ではない気がします。次週すべての記憶を取り戻す清春。あと数話伏線の回収が楽しみです。

40代・女性
【清春の記憶が、ついに戻る】
マスターのいう、「答えにたどり着いたようだね」の真相は、なんなのでしょうか。ガスマスクの男の正体だったのでしょうか。ドリンク剤により力を増強し、戦っていたということなのでしょうか。とても、気になるところです。
「あと、3日」3日後には、なにがおこるというのか。清春の記憶がすべて、戻るようです。それは、本当の記憶なのでしょうか。
すべては、この国の未来のためだという、碓氷元長官の言葉に、こめられた「悪」が、あばきだされるのでしょか。 南武課長の涙の真相も、気がかりです。清春の記憶に隠されていたものとは。事件解決へむけて動き出す展開に期待したいです。

30代・男性
清春は喫茶店のマスターがニッポンノワールの黒幕だという事を突き止めてそのことを問い詰めると思います。今まで清春に飲ませていた栄養ドリンクの中に何か記憶が戻らない成分とかが入っていてマスターに話を聞きます。マスターはいつか自分が黒幕だということはバレるとわかっていたらしく清春になぜこんなことをしたのかという経緯を全て語ると思います。その後、ガスマスクの男の正体が誰なのかもわかり捜査一課の面々で追いかけます。

←7話はこちら