【ニッポンノワール-刑事Yの反乱-】第6話「2部カク✕✕編!逆襲開始」感想ネタバレ(主演:賀来賢人)

主演:賀来賢人
日本テレビ系  (日曜日22時30分~) 

【内容・ネタバレ含む】
清春(賀来賢人)の逃亡生活が始まる。
清春は「10憶円強奪事件の真犯人は私よ」私たちの息子・克喜(田野井健)が関わっていると、薫(広末涼子)が言ったことを思い出す。薫は強盗団は取り押さえられるはずだったが計画が狂い、ガスマスクを被った人物が殺したという。

仁平の指示で清春が指名手配された。公安部には警察内で解決したい思惑があり、情報をマスコミには一切流すなと釘をさす。
一方清春は、克喜を腕利きの闇医者へ預けて検査をさせ、自分は単独で事件を捜査し始める。ベルムズリーダー・陣内の居場所を突き止めた清春は、陣内がひとり駐車場にいるところを狙って接触するが公安の刑事達に取り囲まれてしまう。しかしそこへ才門(井浦新)が車で現れて清春を救出する。
才門はGPS対策として清春に新しい携帯を手渡す。「どうして俺に構う?」と尋ねる清春に、「最初にお前を助けた時点で俺も追われる立場になった」「仲良くやろう、相棒」と才門。

捜査会議が始まる。南武(北村一輝)から、10億円強盗事件と碓氷薫殺害事件は本城理事官(篠井英介)が犯行に及んだとして捜査は打ち切りになったが、警察組織のニッポンノ-ワ-ルの存在と10億円強奪事件のフェイク動画は公安部が作ったことを明かす。南武は清春を生きたまま逮捕することを公安部に持ち掛けるが、公安の仁平は危険が及ぶ場合には手段を選ばないという。どうしても被疑者死亡で事件を片付けたいようだ。

才門と行動を共にする清春。清春は、薫が真犯人という記憶が蘇ったことを才門に話すが、才門は10億で防げるようなプロジェクトならばこんなに大勢死んだりしないし、未成年を巻き込むのも薫らしくないという。そしてガスマスクの男に見せられた画像が記憶を取り戻すきっかけになっているのではといい、ただの記憶喪失なのか怪しいと疑う。
検査の結果、克喜の発作の薬は認可の下りていない薬と判明する。精神安定剤の一種だが劇薬に近く、大人でさえ投与し続けたら命に支障をきたすほどだという。
清春は克喜に薬の入手経路を聞くが、薫からもらっていたことしかわからなかった。咲良(夏帆)が病院へ克喜を迎えに行くと病院内に公安部が突入するところだった。咲良からの連絡により、清春と才門は克喜を連れて病院から抜け出すことができた。

名越(工藤阿須加)らは、公安が単独で動いていて自分達に情報が連携されないことに腹を立てる。そして今までは私利私欲のために暴走する清春が許せなかったが近くで見ているうちに本当はそうじゃないのかもと思い始めたと捜査一課のメンバー。メンバー達の清春への気持ちに変化がうまれていた。

清春らは、明海(立花恵理)の部屋へ避難していた。このまま逃げていても逮捕されても命が危ない清春に、才門は「勝算はある」「ニッポンノワールの全容を暴けば全て解決する」という。
ふたりは警察病院ので撮られた克喜と南武の写真を見て、後ろに映っているベルムズの人物が警察病院に何らかの関係があると気づく。

一方、喫茶店bonnaroでは南武らが喜一(笹野高史)と話している。南武は「もしもノワールが存在を隠したいだけならガスマスク男など出さずにもっとスマートにできたはずだ」という。そして南武には20歳の息子がいることが明かされる。グレて家出をし、それきりだという。

清春がいつもの栄養ドリンクを飲んでいるところへ才門がやってくる。そして「人間らしさって何だと思う?」と清春に問う。才門は昔、婚約者・星良(入山法子)と薫と同じ会話をしたことを話す。星良特製炒飯を食べながら楽しそうな様子を思い出しているようだ。そして「完璧な人間だんていない」「欠陥だらけのお前が嫌いじゃない」という。その口調はいつものふざけた才門ではなく、真面目でどこか優しさが滲んでいるようだった。

清春は克喜を連れてベルムズ・仁科を探して心当たりの人に話しを聞きにいっている。そこへパトロール中の警官が近づこうとすると甲斐(片寄涼太)が機転をきかせて克喜に「さとる君いつものダンスやろう」と誘い危機を脱する。お礼をいう清春に甲斐は、自分にも年の離れた兄弟がいるから子供の目を見れば信じられる相手かどうかわかると仁科の情報を提供する。仁科は3ヶ月程前にベルムス関係のいいバイトを紹介すると言っていたらしい。詳細は面接に受かってからでないと分からないが、ベルムズなのに勤務先が警察病院だと言っていたようだ。
甲斐はこのバイトの面接を受け、詳細の情報が書かれた文書を清春へ渡す。
甲斐と別れた清春。克喜にダンスが下手だといい、俺にそっくりだと笑う。

才門と清春は警察病院へ潜入しようとするが、大勢の警察官が病院を取り囲んでいて近づくことさえできない。すると克喜の持っているガルムフェニックスのキーホルダーを見てひらめいた清春は、ファイター田中の元へ行く。

一緒にお風呂に入り、清春の背中を洗う克喜。「事件が解決したら一緒に暮らすか」と問うと嬉しそうに喜ぶ克喜の姿があり、父親を実感している清春。

咲良に克喜を預ける。克喜もよく笑うようになったし、清春も丸くなった、克喜と過ごす時間がそうさせたのかなと咲良はいう。すると清春は、克喜と会ったばかりの頃は、昔の自分に重ねているつもりだったが、克喜を何とかしてやりたいと思ったのはそれとは別の感情だったと振り返る。しかし克喜がパニックを起こした時の力は大人顔負けで、あの薬に何か関係があるのではないかと咲良は心配する。清春も以前克喜が発砲した衝撃に耐えたことから同じ事を感じていたようだ。
捜査会議で才門と清春が3時間後に警察病院で開催するガルムフェニックスショーに現れると明海が情報を流す。明海がリークした紙には、清春がガルムフェニックスに扮して病院に潜入するという計画が書かれていた。ショ-が終わり、ガルムフェニックスを捕えようとする警察たち。しかしガルムフェニックスは清春に協力したファイター田中達だった。そしてその間に才門と清春は医師に扮して病院の地下に潜入していく。
甲斐から手に入れた紙の通りにエレベーターのボタンを操作すると、秘密の地下へと降りていった。地下には作業着を着た若い男性たちがふたりに襲いかかる。ふたりは応戦するがまるでゾンビのように倒れては再び立ち上がって襲ってくる。 なんとか間一髪扉を閉めて逃げきったと思ったが、そこにはガスマスクの男が待ち構えていた。ふたりがかりで戦うが、強敵だ。才門がガスマスク男の肩をナイフで刺し、ふたりでガスマスク男を投げ飛ばす。すかさず清春が男に馬乗りになってガスマスクを外そうとした瞬間、男がスマホをかざしてニッポンノワールマークの画像を見せようとする。「同じ手をくらうか」とスマホを取り上げた清春だが、ガスマスクの目元に浮かび上がったマークを見てしまい気を失う。
「Look at me」才門の声で目を覚ました清春。ガスマスク男は才門が退治したという。清春はまた記憶が蘇ったと思い出したことを話そうとすると「よく聞こえねえ」と才門がいう。清春の方を向いた才門は顔も体も血だらけで息も絶え絶えだ。慌てる清春に才門は「俺は炒飯が好きなんだ」という。それならば美味しいお店を知っているから死ぬなと励ます清春。才門は奥の部屋にあるパソコンにこれを差し込めとUSBを渡す。それは薫が克喜のキーホルダーに隠したUSBだった。
追手が来る前に行けと促されて清春は先を急ぐ。ひとりになった才門は「俺が食いたいのは星良の炒飯なんだ」とつぶやきタバコに火をつけようとして力尽きる。
清春は部屋へ行く間、薫の言葉を思い出していた。薫は「ガスマスクの正体はわからないがニッポンノワールの一員であることは間違いない」「克喜は極秘プロジェクトの犠牲者になった 人体実験を受けた」と言った。
怪しい装置が並ぶ部屋にたどり着いた清春はパソコンにUSBを差し込む。その瞬間、ゾンビのような男たちに取り囲まれてしまう。そこへ南武達が駆けつけて…。

【みんなの感想・次回予想】
30代・男性
少しずつ明らかになっていく地下組織の存在。克喜の凶暴な性格が短時間で穏やかになったのはやはり実験台になっていたかという感じです。そして才門が言ったとおりニッポンノワールのロゴを見た後に記憶を取り戻すのは、清春の記憶自体も操作されているのではと思います。
いつも清春のピンチを助けてくれていた才門がガスマスク男にやられてしまいこれから誰が助けてくれるのか心配です。しかし清春が気を失う直前、才門とガスマスク男は普通に話しているようにも見え、あの才門なら何事もなかったように復活しそうな気もします。エンディングで井浦さんの名前が全部黒色に反転していたのはHPが0になった的な事なのかなと感じました。前回は落合モトキさんと北村一輝さんが一文字ずつ黒色反転していたのは、清春に取調室でボコボコにされたから?なのか…次週も注目してみたいです。
清春覚醒まで34日という画面表示が出ました。清春が覚醒とはどういう意味なのだろう?もし清春も克喜のように大人しい性格になる実験を受けていたとしたら、清春から荒々しさがなくなるまで34日?咲良が最近丸くなったと言ったのもその伏線だったのかもしれないと思いました。

50代・女性
ガスマスクの人物にやられ血まみになっていた才門の命が経たれ、警察病院の奥には人体実験を行われていた実験施設があった。克喜がニッポンノ-ワ-ルの人体実験の犠牲になったことを思い出す清春である。 謎の作業集団に捕えられる清春、南武たちが駆けつけ清春を逃がすことを期待する。 しかしニホンノワ-ルの存在が明るみに出たことで、克喜は連れ去られてしまい、その陰には克喜の祖父でもあり、薫の父警察官長官存在が正体を明かす。

40代・女性
今回分かった克喜が飲んでいた無認可の精神安定剤、警察病院の地下に大量にいた工作員の存在。 そして人体実験場の存在が明らかになったので、ニッポンノワールがとんでもない闇組織であることに気づき、清春だけでなく南武たちも自分の命をかけてニッポンノワールを表沙汰にしようと踏ん張ると思います! おそらくニッポンノワールがしている人体実験は、薬による人間兵器を作るための実験であり、それを開発し他国に売ることで多額の資金を得ようとしていたのではないかと分かってくるのでは?と思っています。 そして人体実験をされていたのは克喜だけでなく、ベルムズで行方不明になっていた人間、そして清春も人体実験されていたと明らかになるのでは?と予想しています。 だから何度も清春はガスマスクの男に殺害されていないんだと思いますね!

←5話はこちら