【邪神の天秤】第4話 感想ネタバレを詳しく(主演:青木崇高)

2022冬のドラマ一覧

主演:青木崇高
WOWOW (日曜日22時00分~) 

電話占いヴェルニ

【内容・ネタバレ含む】
【#04】
世界新生教のガサ入れによって、真藤議員殺人事件の主犯と思われる教祖・阿矢地明星は逮捕された。その矢先、真藤殺害と酷似した新たな殺人事件が発生する。佐久間(筒井道隆)と鷹野(青木崇高)が現場に向かうが、先に捜査を開始していた捜査一課・早瀬(渡辺いっけい)から現場に立ち入る事を拒否されてしまう。
公安部は捜査会議のために集まるが、用意された資料は被害者の名前が書かれたたった1枚の紙だけ。鷹野ら公安部は、刑事部から締め出しを食らい、開示された情報はそれしかなかったのだ。そんな中、佐久間は「真藤の事件は公表されておらず、模倣犯の可能性はゼロ。よって本件は公安部の案件となる」と言って、詳細の説明を氷室(松雪泰子)に任せる。
中野の廃墟で殺害された笠原は明慶大学医学部教授、妻と社会人の子供がいて自宅は神奈川にある。家族に世界新生教との関わりは一切なかった。笠原の大学内での評価は高く、次期総長の噂があったようだ。
佐久間(筒井道隆)は、国枝(小市慢太郎)には世界新生教と笠原の接点を探る事を、能見(徳重聡)には真藤と笠原の接点を探る事を、溝口(福山翔大)には笠原や大学に出入りする組織を探り、笠原や家族、関係する組織のSNSを調べる事を指示する。そして鷹野(青木崇高)には、捜査一課から情報を聞き出す事を、氷室(松雪泰子)にはそのフォローにあたる事を指示する。聞き出す方法は鷹野達に一任された。

捜査一課に向かう鷹野と氷室。氷室が「道が違う」と指摘すると鷹野は「この時間、捜査一課は会議中だ。その間に会っておきたい人がいる」と答える。「普通の解剖医に聞いた方が良いんじゃない」と心配そうに言う氷室に鷹野はきっぱりと「今は普通以上の意見がほしいので」と答える。二人がやって来たのは刑務所内のようだ。
受刑者と思われる女(菊地凛子)は、鷹野と顔見知りのようで「今日は如月さんじゃないんですね」と気さくに話す。鷹野は「先生の見解をお聞きしたくて」と言って検死報告書を見せる。女は、傷口を一目見ただけで「メスよりも切開性能が低いもので雑にえぐり取られている」と言う。そして女が色鉛筆を手に取る姿に鷹野は一瞬ビクっと身構える。女は「私がやったとでも?」と試すように言った後「胸部の深さから医療器具ではないように思いますが、医療関係者でないとは断定出来ません」と指摘する。鷹野が心臓以外の臓器が持ち去られた理由を尋ねると女は「コレクションするには臓器は難しい」「だから指、指なんですよ、鷹野さん」と言う。そして「例えば食べる。これは誰の物でも良い訳ではない、愛情表現だから」「でも愛ならば、もっとゆっくり丁寧に臓器を切り取るはずです」「私は臓器をこんなに雑に扱った事はない。仕事でも…勿論プライベートでも」「何かの欲求を満たすために犯した殺人だとは思えません。このようにせざるを得なかった、そんな風に感じます」と続けた。
話が終わると、女は氷室に向かって「鷹野さんの元相棒・相羽隼人(青柳信孝)の姉です」と名乗った。

捜査一課の刑事・尾留川圭介(小柳友)がホワイトボードに貼られた2件の事件資料を見ながら「どう見ても猟奇殺人…」と呟く。そして振り返るとそこには捜査一課のパソコンで資料を見ている鷹野の姿があり「あれ!?主任何でこんな所に」と懐かしさを込めて話しかける。鷹野はごく自然な感じで、遺留品について話す。笠原の現場にも象形文字のメッセージが残されていた。『この石板は私の心臓の一部だ。私は悪魔だ』とある。前半部分は、真藤と同じだが後半部分が『私には悪魔の血がながれている』から『私は悪魔だ』に変わっていた。そこへ捜査一課・石倉毅(藤本隆宏)がやって来て懐かしそうに鷹野に話しかける。氷室が名乗ると石倉と尾留川は、一瞬戸惑いを見せた。石倉は「お前ならこの遺留品からどう筋読みするか聞かせてくれ」と鷹野に言う。鷹野は許可を仰ぐように氷室に視線を送る。そして鷹野が「犯人は古代エジプトの死者の書を模倣しています」と話し始めると周囲に捜査官達が集まってきた。
「もし『悪魔』というのが、犯人自身の事だとすれば、罪の告白のように思う」鷹野が言うと、石倉達は「天秤が釣り合っているという事は被害者に罪はないという告白か、何のために?」「なぜ他の神話ではなく、エジプト神話でなければならないのだろう」「裏にアメミトが描かれているのも意味があるかも」と議論を広げる。その中で石倉が「公安はどこまで捜査が進んでいる?」と聞くが鷹野は氷室に目配せして答えない。そこでようやく鷹野が情報を得るためにやって来た事に気づいた。「そんなやり方、公安みたいできたない」尾留川が抗議すると氷室は「それではこちらが公安の捜査資料です」と言ってファイルを机上に置く。それと同時に鷹野は、使っていたパソコンからUSBを抜くと二人は立ち去る。
石倉が氷室の置いていったファイルを開くと中の資料は、ほぼ黒塗りされていて紙くず同然だった。「クッソ公安が!!鷹野!!!」石倉の怒鳴り声が部屋の外まで漏れ聞こえる。鷹野は階段から部屋に向かって一礼した。

鷹野はさっそく公安のメンバーに情報を共有する。国枝達も進捗を報告するが、いずれも笠原や大学と世界新生教に関連はなさそうだった。さらに石板の翻訳を依頼している東祥大学エジプト考古学准教授・塚本寿志(村井良大)によると、世界新生教のギルバト神と古代エジプト神話に登場する神々とは無関係なようだ。「捜査一課の捜査が進むのを待つしかないのか…」という空気が流れる中、鷹野は「実行犯から組織を割り出す、筋読みをしてみませんか」と提案する。
鷹野は2つの事件についての情報を書き出す。そして「各々の見解を話します。そうする事でアラや情報同士の繋がりが見えます」と筋読みの仕方を説明する。国枝(小市慢太郎)が「テロならば拷問として傷つける事はあっても遺体を傷つける事はしないのでは」と言うと溝口(福山翔大)が「それならば思想犯ではないという事でしょうか」と続く。刑事部のようなやり方に反感を感じている能見(徳重聡)がわざとらしく咳払いをして溝口は恐縮するが、鷹野はそれで良いと言う。次に能見が見解を述べる。能見は、被害者同士に接点がない事から「委託殺人なのでは?」と言う。「真藤を疎む組織・世界新生教と笠原を疎む組織が同じ者に殺人を依頼した」「エジプト神話好きな犯人が実行したのでは?」「さらに日本国民解放軍の元メンバー・郡司と接触出来る事から一般人ではない」「もしかしたら明慶大学内に学生を隠れ蓑にした組織が紛れ込んでいるかも」と話が広がる。佐久間(筒井道隆)と氷室(松雪泰子)はその様子を黙って見つめていた。

wowowのドラマをもっと楽しみたい方はこちら
wowow

真藤のベルトのバックルは、何かを隠し入れる事が出来るようになっていたようだ。しかし笠原のバックルにそのような仕掛けはなく、また真藤のバックルについてもそれ以上の進展は見られないようだ。そして「もしミイラを作るために臓器を取り出したとしたら」と思いつくが、それが臓器を持ち去る理由には結びつかない。その時、氷室(松雪泰子)が「実はエジプト神話には関係なく、偶然そのように見えているだけでは」と言う。能見(徳重聡)は「それでも遺体を損壊するには意味があるはずだ」と主張するが、溝口(福山翔大)が「何か想定外の事が起こったとか」と言う。国枝(小市慢太郎)が「でも真藤、笠原両方の現場で想定外の事が起こるなんてないか…」と言った時、鷹野(青木崇高)は「いや、その可能性を消すのはもったいない」と口を挟む。
「何かを見落としているかもしれない」鷹野は全ての写真を並べる。すると能見が「この写真いつのだ」と一つの写真に写る車を気にする。真藤殺害の5日後、鷹野が現場を訪れた際の写真を拡大すると『加治原建設㈱』とある。加治原建設は、現場となったビルの解体を請け負っている会社だった。能見は以前、加治原建設に問い合わせをした際「解体はまだ先の話だ」と聞いていた。溝口の調べによると、加治原建設は雨の日には現場を見回るルールがあるようだ。写真の日も雨だった。さらに真藤殺害事件の日も雨。さらに捜査資料には、事件日の加治原建設社用車のドライブレコーダーに映った人物のリストアップがされていた。
「この中に実行犯が映っているかも」鷹野らは慎重に画像を見ていく。その時、鷹野と氷室が同時に「待って」と言う。それは以前、二人が話を聞いた人物だった。しかし捜査一課の調べは行われていないようだ。重要参考人であるこの人物を引っ張るとして、顔を知られている鷹野と氷室、溝口は自宅のガサ入れ、国枝と能見は行動確認を命じられる。その後、別室で佐久間に尋ねられた氷室は「可能性はあります。しかし年齢からして末端では」と答える。

この人物が外出すると、鷹野らはピッキングをして自宅に入る。そして部屋にカメラを仕掛けたり、手帳やパソコンを調べる。手帳のノートには、明慶大学や笠原の名前や行動が書き込まれ、パソコンには笠原を隠し撮りした画像が残っている。その時、家のインターフォンが鳴る。やって来た人物は「警察署の者です。少しお話を聞きたいのですが」とノックする。鷹野は息を潜め、署員がドアノブを開けようとした瞬間に鍵を閉める。署員は留守を確認して、立ち去った。
氷室が鍋の蓋を開ける。中にはビニール袋が入っている。溝口が袋の中を確認すると血のついたナイフがタオルに包まれていた。氷室からの「確認できた」という無線を受けて、監視していた現場が一斉に動き出す。あっという間に男は確保された。

能見は取調室で「仕事終わりあなたは赤坂見附駅で下車、その後現場に向かった」「ドライブレコーダーに映るこれはあなたですよね」と真藤殺害事件日の男の行動について淡々と述べる。男は偽森川(斉藤祥太)の知人で塾講師・小田桐卓也(金井勇太)だった。小田桐は「友人の森川に騙された。呼び出されただけで、自分も裏切られた被害者だ」と言う。能見と鷹野は「真藤議員や笠原教授のスケジュールが書き込まれています。どういう事でしょう」と自宅から押収した手帳を突きつける。小田桐は「違法捜査だ」と抗議するが、能見は構うことなく話続ける。「これはパソコンの画像です」「笠原教授殺害の日も現場近くの防犯カメラに写っています」「これはあなたの預金口座です。真藤議員殺害の翌日と笠原教授殺害の翌日にそれぞれ200万円預金していますね。この400万はどこで手に入れたお金でしょうか」と聞かれた小田桐は「親にもらった」としらを切る。
すると能見は、母親がパートをしている画像や小学校で鉛筆が小さくなるまで使っていたと書いた文集、奨学金の返済明細を見せる。「実家は裕福ではない」「学生時代はバイト先の塾で勉強に費やす時間を削られる程の勤務を命じられ、卒業まで5年を要した。そしてその塾に今も勤務せざるを得ない状況になった」「宿題と称して持ち帰りの仕事も多く、そんな社会に憤りを感じていたのではないですか?」と能見は追い詰める。能見は最後に「言い逃れの出来ない状況だとご判断ください」と言って、押収したナイフや手袋から真藤と笠原のDNAが検出されたと言う。
遂に小田桐は「自分がやった」と自白した。「傲慢な上級国民なのが許せなかった。だからぶっ殺してやったんだよ」と小田桐は悪態をつく。別室でモニタリングしていた国枝(小市慢太郎)は「個人的な理由!?組織的ではない!?」と驚く。能見が「だからあのような凄惨な殺害をしたのですか」と聞くと小田桐は「はぁ?あの程度で警察は凄惨とか言うのかよ」と言う。その時、佐久間(筒井道隆)が「交代する」と告げる。能見達に代わって氷室(松雪泰子)が入ってきた。鷹野(青木崇高)は不服そうに取調室を後にする。
モニタリング室の佐久間は、公安のメンバーに「小田桐が直前に接触した明慶大の学生にあたってくれ」と資料を渡す。そして氷室の取り調べが始まると佐久間はモニタリング室の音声を切った。自分達に何かを内緒にしている佐久間と氷室の様子を鷹野は腹立たしく感じた。
氷室は「あなたはこの二人に何の恨みもない、殺せと言われたから殺しただけですね」と言い、小田桐を追求していく。途中、小田桐が何かを言いながら逆ギレをしている様子がモニターに映る。鷹野は「佐久間さんと氷室さんは何か隠していますね」「石板を気にしているのに我々に調べるよう指示がない事や筋読みを容認した事からそれは明白だ」「それに小田桐は遺体損壊はしていない、共犯が居るはずです」と佐久間を追求する。しかし佐久間は何も答えずに取調室に入ると中からブラインドを下ろした。
「あなたはその依頼人とどこで出会ったのですか」氷室が聞いても小田桐は知らぬふりをする。その時、佐久間が石板の写真を見せた。すると小田桐は「…これ」と体を仰け反らして恐れるような態度を取る。そして「全ては混沌から始まる…」と呪文のように呟く。佐久間や氷室が問いかけても小田桐は「…この世界は動かしているのは…」とつぶやき続ける。「やつらの首を締めろ、手足を引きちぎれ心臓を握りつぶせ…次々と」と何かが乗り移ったように表情を変え、遂には椅子から転げ落ちてしまう。それでも顔を真っ赤にしながら呟き続け、口から泡を吐いてしまった。

【感想】
30代・女性
塾講師にはすっかり騙された。よく考えれば、金井勇太さんがあんなちょい役な訳ないのに、自然過ぎて気づかなかった。鷹野は赤崎亮治(奥野瑛太)をエスに出来るのか、増々惹き込まれる。

←3話はこちら      5話はこちら→

wowowのドラマをもっと楽しみたい方へ
wowowは月300本以上の映画やドラマ、スポーツやライブ、舞台などをお届け
3,000本以上の番組が“いつでも、どこでも”楽しめるオンデマンドサービスも

wowow