【ヒル】第3話 感想ネタバレを詳しく(主演:赤楚衛二・坂口健太郎)

2022冬のドラマ一覧

主演:赤楚衛二・坂口健太郎
WOWOW (金曜日23時00分~) 

電話占いヴェルニ

【内容・ネタバレ含む】
【Season1 #03】
ゾーカ(吉川愛)は、ヨビ(栁俊太郎)の手下・チロル(岩永洋昭)に殺されてしまったらしい。四宮勇気(赤楚衛二)は、その怒りをぶつけるように抵抗する。ヨビは「君をどうするか決めたよ」と不敵に笑う。
ヨビの手下・マジメ(草野イニ)が勇気の部屋に火をつけた。ヨビは「あの父娘の次はお前が新しいおもちゃだ」「頑張って俺を殺しに来い」と言って、拘束されたままの勇気を車から降ろすと走り去った。勇気は『ヨビを殺す』『他人の人生を奪って殺して…そんな奴らが笑ってるなんて許せない』と誓った。

勇気の部屋が放火されたと杉並北警察署の刑事・鈴木千賀(小西真奈美)に連絡が入る。その頃、勇気はインターネットカフェに来ていた。会員証を出すと「期限が切れているので身分を証明する物を出してほしい」と店員が言う。勇気が困っていると後ろから他の客が来た。店員は「身分証は次回でいい」と臨機応変に対応してくれた。勇気は、ゾーカから譲り受けた宿主のリストをチェックする。
一方、鈴木は勇気とゾーカの写真を見せながら聞き込みを行う。近所の住民は、「(勇気は)夜遅く出掛けて朝方帰ってくる」「(ゾーカは)反対に朝早く出掛ける」と証言した。鈴木は、勇気の母の元へも行ったようだ。勇気とは暫く連絡を取っていないらしい。鈴木が「警察だ」と言うと母は取り乱し、「精神状態があまり良くなさそうだ」と鈴木は村尾直也(利重剛)に話す。そして鈴木は「本物の勇気(赤楚衛二)は父親の件で警察に不信感を持っているために逃走したのでは」「この女(ゾーカ・吉川愛)と偽物の勇気(ヨビ・栁俊太郎)がヒルだとしたら、一連の事件と似ている」と言う。そんな中、特捜本部から打診されていると村尾が明かすが、鈴木は「今は四宮勇気を見つけてあげたい」と断った。

勇気は男子大学生の部屋へ行く。ゾーカから習った通りにインターフォンやノックをして用心しながら部屋の中へ入った。学生の部屋には、カップ麺が1つ、缶詰が2つ…どれも無くなっていたらバレてしまう。そんな中、パスタの乾麺を発見した勇気はケチャップをかけただけのパスタを作った。空腹だった勇気には涙が出る程、ありがたい食料だった。あっという間に食べ終わると、「契約の呪い」と言ってゾーカ(吉川愛)とキスをした事を思い出す。そして部屋の中から折りたたみナイフを発見した。
その頃、高級マンションにヨビ(栁俊太郎)の姿があった。この部屋は、手下・ミロ(松澤匠)が働く会社が管理する物件で、バイオリン奏者の宿主は海外へ演奏旅行中だった。しかも宿主はSNSに頻繁に投稿しているため、状況を把握する事も容易だった。ミロはヨビの手当をしようとするが、ヨビは「勘違いするな」と手を払いのける。ヨビは「あの女(ゾーカ)が自分に向ける殺意は退屈な時間に刺激をくれるものだった」と話す。そしてトカゲの尻尾・チロル(岩永洋昭)について「切っちゃっていいよ」と言った。「チロルの件、ヨビから許可が出ました」ミロはマジメ(草野イニ)に電話をかけた。

wowowのドラマをもっと楽しみたい方はこちら
wowow

勇気(赤楚衛二)は、ゾーカ(吉川愛)が殺されてしまった廃墟にやって来た。意を決して、現場の部屋に入るがそこにゾーカの姿はなかった。勇気が振り返るとマジメ(草野イニ)が立っていた。勇気はナイフを持ってマジメと対峙する。しかしマジメは強く、勇気に勝ち目はない。マジメは「お前を処理しておいた方がいいと思っていた」と言って勇気の首を締める。その時、何者かが投げたコンクリートブロックがマジメを直撃した。男(坂口健太郎)は「ヨビとつるんでるんだろ、だったら伝えてくれ『カラに会った』と」と言う。「…ヒル狩りのカラ」マジメは恐怖に怯えるように逃げ出した。
カラ(坂口健太郎)が「ヒルじゃないなら元の世界に帰れ」と言うと勇気は「もう帰れる場所なんてない」と涙を流す。「俺はヨビを殺す」勇気が言うと、カラは「だったら全てを疑え。疑って自分の頭で考えろ」「それがヒルとして生きる最低限のスキルだ」と言って立ち去った。
ミロ(松澤匠)がヨビ(栁俊太郎)に、チロル(岩永洋昭)がゾーカ(吉川愛)の遺体を処分していた事、マジメ(草野イニ)がカラ(坂口健太郎)に会った事を報告する。『カラ』の名を聞いたヨビは一瞬驚きの表情を浮かべ「カラがあいつを助けたのか、それは面白い」と笑った。
一方、勇気はポケットに入れていた宿主のリストを落としてしまった事に気づく。そして以前ゾーカと行った宿主の部屋に行き、リストをプリントアウトする。その時『相棒へ』という下書きが追加された事に気づく。開くと『無事か?生きてたら返事しろ。ただし、ノックを忘れるな。ゾーカ』とあった。勇気は『明日の午前10時に中野駅前の広場で会おう』とメッセージを残した。

翌日、約束の場所にゾーカは現れない。勇気の脳裏に『全てを疑え』というカラ(坂口健太郎)の言葉が思い出される。すると広場にチロル(岩永洋昭)が現れたので、勇気はチロルの後を追う。チロルは駐車場に入って行く。勇気はナイフを構えてチロルの車に近づく。勇気の動きはチロルに見透かされており、勇気はすぐにナイフを奪われてしまった。そしてチロルが気にする先には、こっそりとこちらに近づいてくるマジメ(草野イニ)の姿が見える。勇気はチロルの指示に従って、駐車場の奥に歩いていく。勇気の背後にマジメが近づいた時、チロルがマジメを背後から刺した。
勇気は近くにあったバールを手にチロルを警戒する。するとチロルは「お前はやらねぇよ。あの女は生かしてある」と明かす。そしてゾーカが提示した取引内容を教えてもらう事を条件として、勇気はマジメの遺体処理を手伝う決断をした。
チロルがゾーカを廃墟に連れ込んだ時、ゾーカは「自分をここで逃がせは400万円払う」「ヨビと居ても殺されるだけだ」と取引を持ちかけた。元々ヨビの元を去ろうと考えていたチロルにとって、好条件の話。チロルは「金は4箇所に分散して隠してある。一緒に取りに行こう」と言うゾーカの提案を一旦保留にしたのだった。
チロルはそのお金を取ってくるよう勇気に命じる。無事に400万円回収した時、ゾーカを返すとチロルは言う。勇気は「まずはゾーカに会わせろ、本人に確かめてからだ」と言い、チロルの車に乗り込む。『相棒へ』のメッセージを書いたのは、チロルだった。「それで勇気に連絡がつく」とゾーカから聞いたとチロルは明かした。

ゾーカ(吉川愛)はある空き部屋の狭いトイレに拘束されていた。そこへチロルが勇気をつれてやって来た。ゾーカの姿を見た勇気は呆然と立ち尽くす。

【感想】
30代・女性
鈴木は勇気の味方になってくれるのか!?

←2話はこちら      4話はこちら→

wowowのドラマをもっと楽しみたい方へ
wowowは月300本以上の映画やドラマ、スポーツやライブ、舞台などをお届け
3,000本以上の番組が“いつでも、どこでも”楽しめるオンデマンドサービスも

wowow