【ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○】第9話「カンフル最悪の一日 熱愛スクープ禁止令」感想ネタバレを詳しく(主演:黒木華)

2022冬のドラマ一覧

主演:黒木華
フジテレビ (木曜日22時00分~) 

電話占いヴェルニ

【内容・ネタバレ含む】
【#09】
瀬古凛々子(黒木華)は、笹目虎太郎(寛一郎)から好きだと告白される。すると、凛々子は愛用の辞書を取り出して『好き』の意味を調べ始める。辞書には複数の意味が載っており、凛々子は「この中のどれ?」と笹目に聞く。そこで笹目は、何枚かの写真を取り出して凛々子に見せる。それは、仕事中の何気ない表情の凛々子が写っていた。最後にあったのは、15歳の時の凛々子。笹目は、「初めてこの写真を撮ったときからずっと、僕は凛々子さんのことが好きです」「笑った凛々子さんが僕にとっての『好き』です。今は辞書じゃなくて、僕の言葉を信じてください」と告白する。根津道春(溝端淳平)は、そんな二人の会話を聞いてしまう。

仁和正樹(安藤政信)は「カンフルNEWSなんかに肩入れして…今度何かあったら責任と取るのはお前だ」と厳しい言葉をかけられた。

翌日、笹目の写真が権威ある写真賞に選ばれた事が分かる。一本真琴(石井杏奈)や椛谷静司(野間口徹)達は素直に褒め称えるが、根津はつまらなそうな表情を浮かべる。企画会議が始まると、下馬蹴人(野村周平)は若い女性達から圧倒的な支持を集める小説家・草川敦(渡辺佑太朗)の熱愛疑惑という大ネタを出す。下馬は同期会でとあるレストランを訪れた際に、半個室で女性と見つめ合う草川の姿を偶然目撃し、その姿をスマートフォンで撮影していた。『ファンが恋人』と公言している草川にとってこれは大ダメージが予想された。事務所に問い合わせても返答はなく、凛々子は「期限までに回答がなければ記事をアップして良い」と指示する。記念すべき5000万PVを突破出来るかもしれない大ネタに下馬は気合十分な様子で取材に向かおうとする。
ところがその時、軍隊が行進するような足音が編集部に近づいて来た。書籍編集部の部長・井伏直哉(津田寛治)が部員たちを率いて押しかけて来たのだ。警察が家宅捜査をするように、井伏達は凛々子達のスマホやパソコンを押収する。井伏は 「草川の記事は出すな!」「それが守れないなら、電子機器の使用と外出を禁止する」と指示する。実は、草川の小説は全てクスノキ出版から出版されており、その担当編集者が井伏だった。
凛々子と井伏は互いの主張をぶつけて対立する。18時の映画化記者会見で草川本人の口から発表するまで、記事を出すなという井伏に対して、下馬から「他社がこのネタを掴んでいても不思議はない」と聞いた凛々子は「それは出来ない」と反論する。
そんな中、ポストに入り切らなかったと言って差出人不明の分厚い封書が編集部に届く。中には、凛々子達を盗撮した大量の写真が入っていた。そして『瀬古凛々子以下に告ぐ。これはお前たちがいつもやっていることだ。この世は因果応報。お前たちにも、必ずこの報いを受けさせる』という脅迫文も入っていた。

真琴(石井杏奈)が「私達、突然襲われたり…」と恐怖を感じる中、凛々子は草川の熱愛ネタが気になる。編集部に居座る井伏は「炎上させやすいお前達は多方面から恨まれても不思議ではない」と毒づく。その時、笹目(寛一郎)が下馬を盗撮した写真の奥に草川の熱愛相手が映り込んでいる事に気づく。しかも彼女は、草川以外の男性と親密そうにしていた。凛々子は「ざわざわする」と呟く。
下馬の携帯に知らない番号から着信が入る。母が倒れて救急車で運ばれたというのだ。下馬は草川の写真を削除すると急いで病院へと向かう。母の肺に影が見つかったと医師から宣告された下馬は言葉を失う。きっと辛かったであろうに、母は自分の事よりも下馬に迷惑をかけた事を心配して「ごめんね」と繰り返した。病院を後にした下馬をつける男がいる。男はスマホのカメラを下馬に向けている。しかし下馬が気づく事はなかった。
編集部では椛谷(野間口徹)が「過去にカンフルがスクープした人物の中に犯人がいるかも」と言うが心当たりがあり過ぎる。「この女性が一般人なら探し出すのは困難かも…」諦めの空気が漂う。その時、笹目(虎太郎)が彼女と会っている男性の革靴ブランドに気づいた。井伏達と居座る書籍部・矢部涼介(一ノ瀬颯)が身を乗り出す。このブランド靴のファンだという矢部は、人目見てそのブランドの物で間違いないと言う。凛々子は、男性の腕時計についても尋ねる。すると矢部が「詳しい人に聞きましょう」と言う。少しして返事が届く。矢部は「パパからです」と言って、『PhilippeLemerの2022限定モデルだ。パパも買おうと思っているんだ』と父からのメッセージを見せる。

実家に戻った下馬が編集部に電話をしてきた。「外に出られた隙に記事をアップしましょうか」と下馬が言うと凛々子は「まだ調べたい事がある」と答える。その時、認知症を患っている下馬の祖母が勝手に外に出て行ってしまい、下馬からの電話は切れた。
笹目に頼まれてケータリングを届けに来た黄実子(りょう)は、「椛谷さんは恩人だ」と椛谷に感謝する。以前、身に覚えのない恨みを持たれてしまった黄実子の事を椛谷が記事にしたお陰で、犯人は捕まり、黄実子はお店を守る事が出来たのだった。
仁和(安藤政信)が凛々子に電話をかける。仁和が「書籍編集部に程々にするように伝えようか」と言うと凛々子は「お願いします。居座られて仕事になりません」と答える。そして凛々子が「仁和さんは大丈夫ですか」と気遣ったので仁和は驚く。電話を切った後、仁和の秘書が書籍編集部に連絡するか尋ねる。すると仁和は「いや、いい」と断った。

テレビのワイドショーでは、今人気の作家を紹介する特集が放送されている。そして有名編集者として、川端心平(浜谷健司)が「作家と編集者の間で大切なのは信頼です」とコメントしていた。それを見ていた井伏(津田寛治)が舌打ちをする。川端は他の編集者が大切に育ててきた作家を横取りする事で有名だった。そして井伏も横取りされた経験があるのだと明かす。その時、矢部(一ノ瀬颯)が川端の腕時計が例の限定モデルである事に気づく。もし彼女が草川に近づいた目的がただの熱愛ではなく、川端からの指示だったとしたら…川端は草川を囲おうとしているのでは、一つの仮説が立った時、井伏は「川端だけはだめだ」と激怒する。川端は横取りした作家の旬が過ぎた瞬間切り捨てるような男だった。「これまで何人の作家が潰されたか」「新人の頃から二人三脚でやってきた井伏を取られる訳にはいかない」井伏は、自らが張った包囲網を壊すと「川端が絡んでいるなら話は別だ!!」と凛々子達にパソコンを返すと真相を調査する許可を出す。
カンフルNEWSの問い合わせ欄を開いた真琴(石井杏奈)は声を上げて驚く。そこに、つい先程の下馬(野村周平)を盗撮した写真がアップされていたのだ。認知症の祖母の後を追って歩いている下馬に、凛々子は注意するよう連絡を入れる。その瞬間も盗撮犯が下馬の後をつけていた。盗撮犯の男は、ポケットに手を入れて歩速を上げる。曲がり角を曲がった瞬間、目の前で下馬が待ち構えていた。男は「お前達が悪いんだ。あみちゃんを悪く言うやつは許さない」と大声を上げる。ポケットからはカッターナイフがこぼれ落ちた。男は走って逃げ去る。下馬は、男と祖母の選択に迫られ、祖母を追う事を選んだ。

編集部に草川敦(渡辺佑太朗)が呼ばれた。凛々子は下馬が撮った写真を見せると単刀直入に尋ねる。草川は、井伏に許可を取るように視線を送った後、「彼女は3ヶ月位前に知り合った一葉という女性だ」「僕のファンだと話しかけてきた」と明かす。凛々子が彼女とどのような関係か聞くと、草川ははにかんだ笑顔を浮かべ「彼女と同じ気持ちです。好きなんです」と答える。凛々子が「彼女に誰か編集者を紹介すると言われましたか」と聞くと草川はあからさまに動揺する。凛々子は「草川さん、お願いがあります」と言う。
次に凛々子は、一葉にビデオ通話をする。一葉は「草川さんに恋愛感情はありません」「好きと言ったのは一ファンとしてです」ときっぱり否定する。凛々子が川端との関係を聞くと一葉は「以前、自分が書いた小説を読んでもらった事がある」「今でも時々会ってアドバイスをもらっている、それだけです」と答えるが、動揺している事は誰の目にも明らかだった。まだ通話の途中だったが、一葉の「あっ」という言葉を最後に通話は切れてしまった。
凛々子は、草川の3作目が読みたいと井伏に頼む。凛々子は「草川さんの件は記事にしません。熱愛が事実ではなかったので」「川端さんの件はもう一度、一葉さんに話を聞きます」と言う。落ち込む草川に井伏は「全ての経験を小説のネタにしてやりましょう」と励ました。井伏は自分の名刺を凛々子に差し出す。「何かあったら連絡しろ。頼んだぞ」と井伏は言った。
分厚い小説を読み進めた凛々子は「見つけた」と微笑む。それは一葉が出したハンドサイン。その小説に出てくるDV被害者の女性も同じハンドサインを使ってSOSを出していた。一葉に暴力を振るっているのはおそらく川端。先程のビデオ通話の際も川端が近くに居た事が推測される。「私が見逃した…サインに気づけなかった」と凛々子は肩を落とす。
すると根津(溝端淳平)がアルバイトをしている一葉にしてはインテリアや部屋が豪華だった事を指摘する。その時、先日の川端のテレビインタビューと背景が同じだった事に凛々子が気づいた。一葉の居場所は川端の自宅!
凛々子は井伏に電話をかけるが、会見準備に忙しい井伏は気づかない。真琴(石井杏奈)が矢部(一ノ瀬颯)に連絡をして、ようやく井伏から川端の自宅住所を知る事が出来た。川端宅に行こうとする凛々子を「行くな」「行かないでください」と根津(溝端淳平)と笹目(寛一郎)が止める。そして凛々子に編集部に残るよう言うと根津と笹目は出掛けて行った。
川端宅に到着したものの、素直に川端がDVを認めるとは思えない。すると根津が「週刊東西の根津です。コラムを掲載して頂きたくて居ても経っても居られず、どうか企画書だけでも」と言って川端に門の鍵を開けさせる事に成功する。根津に関心しながら笹目が次の作戦を尋ねると根津は「瀬古凛々子ならきっとこうする」と言う。川端が玄関を開けた瞬間、根津は家の中に押し入る。そして大声で「一葉さん!助けに来ました!!」と家中を探し始めた。
少しして憔悴した様子の一葉が姿を現す。「部屋に戻れ!」と言う川端に一葉は「嫌です」と涙ながらに抵抗する。そして一葉が長袖を捲くり上げると彼女の腕は痣だらけだった。笹目は通報し、根津は「この事は記事にします」と川端に告げる。

後日、川端は暴行罪で逮捕されたとニュースが伝えている。一葉は「自分と居ればいつか作家デビューさせてやる」と言われて関係を強要されていたようだ。さらに凛々子達の推測通り、一葉を利用して草川を横取りしようとしていた事も判明する。
一葉の元へ草川がやって来た。一葉は深々と頭を下げて謝罪する。固い表情の草川は「ふぅ」っと深く息を吐くと「新作を書いたらまた読んでくれますか」と微笑む。
編集部にやって来た下馬(野村周平)は、笹目にお礼を言う。盗撮犯が送ってきた写真の中にガラスに写り込む犯人を見つけたのが笹目だった。犯人は、以前カンフルNEWSがアップした座談会記事で、彼の推しであるあみちゃんをボロクソに書いた事を恨んでの事だと白状した。下馬が「彼女が引退したのは、デキちゃったからだよ」と告げると男はその場に泣き崩れた。そもそもその記事自体も下馬が適当にどこかからコピーしたこたつ記事だった。「いつどこで誰に恨まれるか分からない、俺もこれからは適当な記事は書かない」下馬は強く誓う。盗撮犯は猛省しているとの事で今回は被害届けを出さずに一件落着となる。
その時、真琴が「えーーーー!!!」と大声を上げて驚く。遂に5000万PVを超えたのだ。喜ぶ真琴とは対照的に凛々子は「達成して当然」と表情を変えずに言う。「今日くらい褒めてくださいよ」下馬が言うと凛々子は「よくやった」「皆のお陰」と微笑んだ。『皆のお陰』意外な凛々子の言葉に皆は驚く。そんな中、根津だけはその場におらず、ひとり屋上に居た。その事に気づいた笹目は「5000万PV達成しましたよ」と根津に報告しに行く。根津が「どうせ瀬古は『達成して当然』とか言ったんだろ」と言い当てたので、笹目は「何でも分かるんですね」と感心する。
笹目は「写真は撮る側の気持ちが滲み出る」「あの脅迫写真には凛々子さんへの悪意しか見えなくてゾッとした」と話す。根津が「あいつ、人の悪意とかお構いなしに突っ込んでいくから危なっかしい」と言うと笹目は「だから守りたい」と言う。「凛々子さんに向けられる悪意をもう見過ごしたくない」「今度は守りたい」笹目の真っ直ぐな想いに根津は遠い目をした。

凛々子は仁和(安藤政信)の執務室へ行く。仁和は「瀬古はいつでも俺の信頼を裏切らない」と褒める。「戻っていい」仁和に言われても凛々子はその場を動こうとしない。そして凛々子は「私が次に達成するのは何でしょう」と尋ねる。仁和が「少し休んだらどうだ」と言うと凛々子は「私はもう必要ないという事でしょうか」と聞く。答えあぐねる仁和の態度に凛々子は一礼をして立ち去った。凛々子が去ると仁和はどこかに電話をかけて「役員室に来てくれ」と誰かを呼び出した。
カフェ黄実子にやって来た椛谷(野間口徹)。黄実子に「昔の椛さんに戻ったみたい、仕事楽しそう」と言われ、椛谷は「目標も達成出来たし、仕事が楽しい」と答える。そんな椛谷を祝して、黄実子は特製薬膳酒を特別に振る舞った。実家の下馬(野村周平)は、母の診断結果を見て肩を落とす。しかしそんな事はお構いなしに母を頼りにする祖母に下馬は優しく接した。仁和(安藤政信)の役員室にスーツ姿の男性が入って来た。仁和は「例の件、もう少し詳しく調べてくれないか」と指示した。編集部では真琴(石井杏奈)が「編集長が本館から戻ってから元気がなかった」と不思議がる。根津(溝端淳平)は「目標達成で気が抜けたんじゃないか」と話半分で答える。真琴は「あっ、また仁和さんに無理難題を突きつけられたとか」と詮索する。途中から真琴の話が耳に入らなくなった根津は、凛々子(黒木華)のデスクに何かが置いてある事に気づく。外のベンチで凛々子がひとり、飲み物を飲んでいるとパシャリと笹目(虎太郎)が写真を撮った。笹目は「僕、日本を出ます」と明かし「凛々子さん、僕と一緒に行きませんか」と誘う。その頃、根津はデスクの上にあった写真を手に取る。それは笹目が撮った凛々子の写真だった。根津の脳裏に『写真って撮る側の気持ちが現れる』という笹目の言葉が蘇る。一方、笹目は日本に居れば過去がつきまとうと凛々子を説得する。「私は大丈夫」凛々子の言葉を遮るように「僕が大丈夫じゃない!」と笹目は訴える。「凛々子さんが自由にいられる場所が必ずある。そういう場所で笑っていてほしい」「だから僕と一緒に行きましょう」笹目の真っ直ぐな視線が凛々子に注がれた。

【感想】
30代・女性
「あの人を信じ過ぎない方がいい」仁和の元妻の言葉は重みが違う…。仁和が極秘調査を指示しているのは矢部?!下馬とかだったらびっくりだけど…。そして調べているのは、仁和が「守れなかった」という瀬古先生(凛々子の母?)の事なのではと思う。そして全く関係ないと思わせて、この真実に凛々子を導いているのかな。

←8話はこちら      10話はこちら→

wowowのドラマをもっと楽しみたい方へ
wowowは月300本以上の映画やドラマ、スポーツやライブ、舞台などをお届け
3,000本以上の番組が“いつでも、どこでも”楽しめるオンデマンドサービスも

wowow