【オー!マイ・ボス!恋は別冊で】第8話「子犬系男子、決意のプロポーズ!」感想ネタバレ(主演:上白石萌音)

2021冬のドラマ一覧

主演:上白石萌音
TBS系  (火曜日22時00分~) 

【内容・ネタバレ含む】
【#08彼氏ができたらやりたい10のこと】
迫りくる音羽堂出版社の吸収合併と『MIYAVI』の廃刊危機を乗り越えるべく、COACHとMIYAVI、そしてISOBEの3社がコラボレーションする化粧水のプロジェクトへ向けて編集部は動き出した!副社長・宇賀神(ユースケ・サンタマリア)はこの企画について、「最後の悪あがきですが…」という麗子(菜々緒)に「私も一緒に悪あがきさせてください」と申し出た。一方、潤之介は金沢の実家へと帰り、母・香織 (高橋ひとみ) に宝来グループを継ぐことを前向きに考えていると告げる。潤之介の気持ちを聞いた香織は舞い上がり、付き合っている彼女を連れて帰って来いと言うが、潤之介は戸惑いの表情を浮かべた。そんな中、奈未(上白石萌音)は潤之介 (玉森裕太) との仲は距離がグッと縮まったことで、仕事中も潤之介との半同居生活を思い出してはニヤけてしまうほど順調だった。さらに和美(秋山ゆずき)から特集記事の磯辺 (近藤芳正) 社長の紹介欄の執筆を任され、自分の原稿が初めて雑誌に載ると期待に胸を膨らませる。
企画の準備と並行して次号の準備もあり、奈未は充実しながらも多忙な日々を過ごしていた。そんなある日、「ちょっと困ったことになりました」と宇賀神が麗子の元へやってきた。いつもならば麗子の隣で話を聞いていても問題ない奈未は、宇賀神に席を外すよう促され編集長室を後にした。すると編集部では、みんなが集まってコソコソ話している。「今度の週刊誌にこの記事が出るらしい」そう言われてゲラを受け取った奈未は驚く。そこには麗子と奈未が写っており、『カリスマ編集長 パワハラ』と書かれていたのだ。真実ではないことまで書かれており、「誰がこんなこと…」と腹を立てるみんなを制して中沢(間宮祥太朗)は「問題なのはCOACHと磯辺社長がどう思うかだ」と冷静に言った。
宇賀神、麗子、奈未は早速磯辺社長の元を訪れる。磯辺は「出版業界のことはよくわからない」としつつも、音羽堂出版の経営状況に対する知人からの助言や今回のコラボを不安視する従業員からの声を受けて「どうしたら良いのかわからない、自分だけでは判断できないところに来ている」と否定的な対応をする。磯辺側がOKしない限り、企画を進めることは出来ない。ボツになった時のリスクを考えると水面下で準備を進める金銭的余裕も音羽堂には残っていなかった。全てはあの週刊誌の記事のせい…。本当にこのメンバーの中に裏切り者はいないのか、互いに疑心暗鬼になる編集部。副編集長・半田(なだぎ武)は、そんなメンバー達に「今、私達が疑心暗鬼になったらこのネタを売ったやつの思うツボだ」と一致団結を呼びかけた。
その夜、居酒屋には涙しながら潤之介の話を聞く、尾芦(亜生)の姿があった。潤之介からカメラマンを辞めて実家に帰ると聞かされたのだ。尾芦は「僕なんかより、まずは奈未ちゃんに言うべきだ」と潤之介に指摘するが、「仕事が順調な奈未に話すのは仕事か自分か選べと迫るみたいで出来ない」と潤之介は答える。潤之介は、奈未の部屋で拾ったメモを尾芦に見せる。そこには【彼氏ができたらやりたい10のこと】が書かれていた。その頃、会社を出た奈未は中沢の姿を見つけると意を決して話し掛けた。「お気持ちはすごく嬉しいのですが、中沢さんは会社の尊敬する先輩で…」という奈未の言葉を遮ると中沢は「冗…談、冗談だよ。俺がお前のこと好きになるなんて。ごめんな、気にするな」と言った。奈未は深々と中沢に頭を下げると去っていった。その様子をちょうど目撃してしまった和泉(久保田紗友)は、中沢に「お勧めの映画教えてください」「失恋した直後に本当は運命の人が側に居たっていうやつ」と控えめにアピールした。
中沢とわかれて奈未がひとり歩いていると「奈未」と声をかけられた。そこには自転車に乗った潤之介が奈未の帰りを待っていた。「プリクラ撮って帰ろう」という潤之介に奈未は、「突然奈未って呼び捨てだし、自転車だし、中身誰かと入れ替わってません??」と不思議がる。自転車の後ろに乗ってと言われた奈未は、公道での二人乗りは禁止ですと冷静に断る。すると「でも書いてあったし…」と寂しそうな表情を浮かべた後、潤之介は「後で電話で話そう」と勝手に帰ってしまった。奈未は「今じゃダメなのかな…?」と不思議に思いながらも帰宅後、潤之介に電話をかけた。「奈未の声、聞きたくて」という潤之介の違和感を奈未は指摘する。そんな中、奈未は麗子に変な疑いが掛けられていること、吸収合併は免れそうになく編集部のみんなと離れ離れになりたくない気持ちを明かす。潤之介はそれを聞きながら「奈未ちゃんにとって大事な場所になってたんだね」としみじみした。
翌日、奈未は半田と共に磯辺の元を訪れる。磯辺の意思はかたく「何を信じればいいのか…、信頼関係を築くには時間が必要だ」と話す。その時「あなた達、何やってるの」と麗子の声がした。良い訳を述べる半田に「私が呼びました」と奈未は言う。「アシスタントが口をはさむ問題じゃない」と麗子に言われても奈未は「あの記事には私も載っています」と一歩もひかない。そしていつになく真面目な表情の奈未は突然磯辺に向かって土下座をすると「一見するとパワハラに見える言動も、全てはより良い雑誌を創るためなんです」と説明した。麗子は奈未に下がっていなさいと指示するが奈未は口答えをして引かない。二人は磯辺の前だという事を忘れて言い合いになってしまう。すると磯辺が「もういいです」「これは雑誌以上だ」と呆れた様子で言い出す。そして「もう一度、あなた達を信じようと思います」と続けた。プロジェクト再始動の知らせを受けて編集部は喜びに湧く。「あなたわざと私に喧嘩ふっかけたでしょ」麗子に言われた奈未は悪びれた様子もなく「どうやったら本当の嘘偽りない編集長を見てもらえるだろうかと考えた」「編集長ならのってくれると思ってました」と麗子への信頼を口にした。そんな奈未に麗子は「良いプレゼンだったんじゃない」と褒め言葉を残して去って行った。
編集部には再び校閲・小笠原も加わり、活気を取り戻す。そんな中、和美が悲鳴を上げる。保留にしていたカメラマンに他の仕事が入ってしまったという。すると、中沢がすかさず「お前、知り合いにカメラマンいるだろ」とぶっきらぼうに提案した。その頃、潤之介は部屋の片付けをしていた。急な依頼にも関わらず、潤之介と尾芦は依頼を引き受けてくれた。「まさかあなたと仕事をする日が来るとはね」麗子が穏やかな表情を見せる。潤之介の「少しは姉ちゃんの役に立てたかな」という言葉に、奈未以外の全員が「えーーー!!」と悲鳴にも似た驚きの声を上げた。撮影が進み、麗子の「OK」の言葉で無事に撮影が終了した。潤之介はこれでカメラマンとして最後の仕事だという特別の感情がこみ上げてひとり天を仰ぐ。その後、外出しようとしている麗子を潤之介が奈未の手を引いて追いかけてきた。潤之介は「改めて、僕の彼女。嘘じゃなくて本物の」と麗子に奈未を紹介した。「意外ね」と微笑む麗子に潤之介は「料理を頑張ってくれるところ、仕事が好きなんだなって伝わるところ」と奈未の良いところを次々に口にする。そして「あの時は嘘だったけど、奈未ちゃんが俺の気持ちを本当にしてくれた」と続けた。麗子は「そう」とだけ言って去って行ったがその表情は柔らかかった。
潤之介が機材の片付けをしていると中沢が「お疲れした」と声をかけた。立ち去る中沢を呼び止めた潤之介は「この前、恋って勝ち負けなのかな?って話したけど、やっぱり勝ち負けかもね。俺、ドS先輩に負けないよ」と宣戦布告する。そんな潤之介に「俺も負ける気サラサラないんで」と中沢は答えた。後日、ゲラ通りの記事が週刊誌に載った。半田はメンバーを鼓舞し、編集部は仕事に集中する。その時、領収証を取り出そうとした半田が財布の中身を床にバラ撒く。中沢はその中に 春文社の記者の名刺を見つけた。半田は先日飲み屋で隣になって意気投合したのだと説明する。中沢は「編集長のこと何か話しましたか」と問う。今回の記事を出した出版社が春文社だったのだ。その頃、潤之介は理緒(倉科カナ)を心配して電話をかける。「幼馴染だから心配だ」という潤之介に理緒は「腱鞘炎だって」と明るく嘘をついた。電話を切って涙を堪える理緒が持っていた診断書には【局所性ジストニア】と書かれていた。
いよいよ『MIYAVI』、コラボ化粧水の発売日を迎えた。しかしこの日の役員会議次第でMIYAVIの廃刊が決定してしまう。編集部はそわそわとしていた。そんな中、様々な有名人達がインスタに化粧水についてアップし始めた。インスタ効果もあってか、化粧水やMIYAVIの売れ行きは好調、奈未はこのまま行けば廃刊を免れるかもと淡い期待を抱く。会議が終わった部屋でひとり宇賀神は俯いたまま座っている。そして手元の資料を感情をぶつけるようにばら撒いた。知らせを聞いた半田は言いにくそうにMIYAVIの廃刊を伝える。「俺はみんなを忘れない」半田の話を聞きながら、みんなは涙する。そして奈未は編集長室の麗子に「また編集長の下でアシスタントがしたいです」と伝えに行く。「みんなで物を創る一員でいたい、編集長の元で」という奈未に麗子は「ファッションは人に夢を与える仕事。だからあなたが憧れるのは私ではなくてこの仕事」と答えた。
半田はデスクの片付けをしている。ガラリとした編集部で半田が思い出すのは、忙しくも充実した日々。そこへ小笠原がやって来て「いい雑誌を創りましたな」と半田を労う。半田は3冊のMIYAVIを抱きしめて「ありがとうございます」と涙した。奈未は、約束通り潤之介とデートに来ている。しかし奈未の表情は暗い。そんな奈未に潤之介は自分のマフラーを巻きつけた。首と首がマフラーで繋がれて歩きにくそうにする奈未だが、繋いだ手を潤之介のポケットに入れてもらい、心が癒されていく。潤之介がチケットを買いに奈未の元を離れると奈未の手には潤之介のポケットに入っていたメモが残った。何気なくそのメモを開いた奈未は驚く。
・呼び捨てで呼ばれたい
・自転車で2人乗り
・さっきまで会ってたのに電話
・夜中に長電話しながら寝落ち
・家族に紹介されたい
・マフラーを2人で巻く
それは奈未が書いた【彼氏ができたらやりたい10のこと】リストだった。そして奈未は、不自然な潤之介の言動がこのメモのせいだと気づく。潤之介の優しさを嬉しく思いながらも奈未は「でもこれ私が中学の時に書いたやつ」と呟く。メモの続きには
・第2ボタンがほしい
・2人でプリクラ
と学生らしいことが書いてあった。
チケットを買って戻ってきた潤之介は「はい、これ。忘れないうちに」と奈未に手渡す。何とそれは中学校の第2ボタンだった。奈未は照れながら「プリクラが取りたいです」というと潤之介は「だと思った~」と笑った。その純粋な潤之介に奈未は嬉しさが止まらなかった。
とあるレストランに『ZEAL』編集長・高橋(高橋メアリージュン)がやって来た。席に座っていたのは麗子。麗子は「(高橋を食事に誘うのは)最初で最後」と釣れない態度をとる。高橋は「言われなくても編集部員の処遇は宇賀神さんにお願いされている」と言い、これまで麗子と麗子の雑誌を守るために宇賀神が情報集めに奔走していたことを明かす。そして「役員会議で音羽堂出版の雑誌は全て廃刊が決まった。MIYAVIを除いてね」「今回のコラボで他のハイブランドから依頼殺到して、廃刊にするわけにはいかなかった」と高橋から聞いた麗子は勝ち誇ったような表情を浮かべた。そんな麗子に高橋は「ただし条件が付いた。それは宝来麗子が去ること」「パワハラ記事はさすがに想定外だったわね」と続ける。すると麗子は「ねぇ、何で私が編集長を引き受けたか分かる?」と話す。「いかなる困難な時期でもファッション誌は継続されなければいけない。ファッションから夢をもらい、私もあなたも今この業界にいる。紙だからこその価値は必ずある。この業界が生き残るためにはMIYAVIは絶対に必要だと思う」「私は道筋を創って去る。ここからは私の編集者達やアシスタント、そしてあなたに託す」という麗子の表情は穏やかだった。納得のいかない宇賀神は社長へ直談判するが、「こちらは吸収される側、向こうに条件を出されたら飲むしかない」と言い返されてしまう。そして「宝来君自身は納得してくれている」という社長の言葉に宇賀神は愕然とした。急いで編集長室の扉を開けた宇賀神…そこには麗子の痕跡がなにもなく、ガラリとした空間が広がっているだけだった。
半田からMIYAVI存続の知らせを聞いた奈未は、気分も晴れてデートを楽しんでいた。潤之介はまた不自然にチラチラと奈未を見ながら「久々にスケートしたいなぁ」と言う。奈未はあのメモに『手を繋いでスケートしたい』という項目があったことを思い「いいですよ」と笑う。誰もいないスケートリンクに奈未と潤之介ふたりきり。「人、少ないですね」という奈未に「そ、そうだね」と潤之介は話を合わせるが、実は潤之介が貸し切りにしていた。イルミネーション輝くスケートリンクで楽しむふたり。潤之介は一輪の花を奈未に渡す。笑顔で喜ぶ奈未に潤之介は「奈未ちゃんが喜んでくれるなら、おばあちゃんになっても花を贈り続けるよ」と言ってキスをした。そして潤之介は「俺のお願い聞いてくれる?」「俺の奥さんになって」「カメラマン辞めて家を継ぐことにした、金沢に一緒に来て」とプロポーズした。

【みんなの感想】
30代・女性
最後は「潤之介!!なんで今!?」と言わずにはいられない。頑張る奈未の姿に触発された行動ならば、何ともありがた迷惑な男。潤之介なりに悩んでいる描写があったからまだしも、こんなにも仕事が順調な奈未に対してなぜこのタイミングでと思ってしまう。もう少し成長して、リモート編集者として働けるなら選択肢もあってよいが、奈未はまだまだ先輩編集者の姿を間近で見て肌で感じて仕事を覚える段階、それを潤之介もよくわかっているだろうに酷い脚本。どの選択肢を選んでも100点満点満足の幸せを手に入れられないヒロインなんて可哀想。


30代・男性
間宮よ、どこまでお人好しなんだ…。それでも恋敵を仕事相手としては尊敬して対応する姿や考え方は賞するべきか。

←7話はこちら    9話はこちら→