【キン肉マン THE LOST LEGEND】第5話 感想ネタバレ(主演:眞栄田郷敦)

2021秋のドラマ一覧

主演:眞栄田郷敦
WOWOW (金曜日23時30分~) 

【内容・ネタバレ含む】
【#05】
眞栄田郷敦(眞栄田郷敦)と玉城ティナ(玉城ティナ)は、香港版『キン肉マン』こと『正義憤怒』を探す。そして谷垣氏を訪ねた二人はDVDを見つけ出した。
ー失われたキン肉マンその2ー『正義憤怒』(1986年香港)
それはキャラクター以外、『キン肉マン』と大きくかけ離れた内容の映画だった。カンフー使いラーメン男が、突如道場に現れる。主人公・キン肉男が薪拾いから戻ると兄弟子達が倒されていた。そしてキン肉男が復讐に燃えるという内容で、カンフー映画としては良く出来た作品だった。
キン肉マン(のような)役を熱演した永間氏の消息は掴めていない。眞栄田郷敦は谷垣氏に『キン消し』の噂を尋ねる。谷垣氏は噂を知っていたが、玉城ティナ達は「やるからにはきちんと取り組みたい」と決心する。そして役作りに悩む眞栄田郷敦は、谷垣氏にアクションの指導を受ける。眞栄田郷敦が指導を受けた公園の電柱には、ウォーズマンがつけたかのような爪痕が残されていた。

ー2020年3月上旬ー
キン肉ハウスで先行ポスターの打ち合わせが行われる。綾野剛や眞栄田郷敦、玉城ティナは、玉城が撮影した写真を元に宣伝案を検討する。綾野剛は、コロナ禍の現在において「心は密にしたい」「エンターテイメントは不急であっても不要ではない」と広告展開を予定よりも拡大することを決めた。熱く語っていると荷物が届いた。スタッフ達は『キン肉ハウス 綾野様』の住所で荷物が届いた事に感激する。綾野剛に促されて眞栄田郷敦が荷物を開けると『ロビ2』が入っていた。眞栄田郷敦の役作りのためにロボットを用意したと言う。眞栄田郷敦が話しかけるとロビ2は「ロボットと人間、仲良くなれるよ」と答える。眞栄田は『ロボットの気持ちを知りたい』と考える。
翌日、眞栄田郷敦が深大寺で役作りをしていると聞いて、綾野剛は様子を見に行く。眞栄田郷敦は、ウォーズマンのマスクと衣装を見に付けて門の所に立っていた。傍らには『MUSCLEMAN お楽しみに』とメッセージボードを持ったロビ2がいた。ピクリとも動かずに居る眞栄田郷敦に感化されて、綾野剛はロビンマスクを取りに戻る。そして役になりきった二人は、雷神風神のように門の両側に立ち続ける。
その夜、眞栄田郷敦はこの作品に充実感を得ていた。その一方で綾野剛へ聞きたい事が思い浮かぶ。「役を生きるとは…?」眞栄田の疑問に、綾野剛は「経験と慣れは紙一重だ」「人生は人だ」と真摯に答えた。

wowowのドラマをもっと楽しみたい方はこちら
期間限定

数日後、眞栄田郷敦は宣伝活動の一環として、敬愛する山本義徳氏のユーチューブチャンネルに出演する。山本氏は筋肉の事なら何でも知っているという筋肉界のレジェンド的存在。ウォーズマンスマイルのために、眞栄田は表情筋のアイソメトリクス(等尺性筋収縮)を実践する。
ー2020年3月中旬ー
ポスタービジュアルが発表された。綾野剛の構想通りポスターが渋谷をジャックする。そして狙い通り、SNSで瞬く間に拡散されていく。同じ日、キン肉ハウスでは『調布を元気にプロジェクト』が催される。ところが『美味しいごはんで調布の人を元気にしたい』と言った発起人・綾野剛が連絡も取れずに遅刻している。玉城ティナは連絡もしてこない綾野剛に対して怒りを顕にする。「こんな所にキン肉ハウスを建てても許されるのは皆さんのおかげ」玉城ティナは気持ちを改めて、ケータリング担当の佐藤の助けを借りながら『MUSCLEMAN』特製牛丼を作る。そんな中、ロビンマスクをつけた綾野剛が1時間半遅れてやって来た。綾野剛は遅れを埋めるように精力的に働き、玉城ティナも『盛り上がったので結果オーライ』と許す。
ロビンマスク(綾野剛)とウォーズマン(眞栄田郷敦)は、原作ファンの男性達に「どちらが原作に近いか」と尋ねる。ファン達はロビンマスクと答え、眞栄田は落ち込む。するとそこへ玉城ティナがやって来て「数日、CMの仕事で東京を離れる」と言う。「バスでハワイ」突拍子もない事を言う玉城を皆は不思議がる。一方、眞栄田郷敦は牛丼のデリバリーに向かう。このコロナ禍で映画を制作してよいのだろうかと悩む制作陣達だったが、ウォーズマンが人間の心を獲得していったように『人との繋がりさえ忘れていなければ希望が見える』と確信するのだった。

【感想】
30代・女性
今回はキン消しの謎には迫れず…次週もそれぞれの役作りにフォーカスされた内容になりそう。キン肉マン消息不明の謎に早く迫ってほしい。

←4話はこちら      6話はこちら→

wowowのドラマをもっと楽しみたい方へ
wowowは月300本以上の映画やドラマ、スポーツやライブ、舞台などをお届け
3,000本以上の番組が“いつでも、どこでも”楽しめるオンデマンドサービスも

期間限定